後遺障害とは?

後遺障害というのは怪我をしてしまい、その後1時的に体への様々な影響が出た後、通院や入院中必要に応じて手術などを行ってもなお、体に症状が残り続けることを言います。
痛みをはじめとしてその他にもさまざまな症状がありますが、基本的には医師の診断が必要となり自覚症状があるだけでは、後遺障害とは認められなれません。
実際に後遺症が残っているということが医師の診断によって分かれば、交通事故であれば加害者から補償してもらうことができます。
またお仕事中に何らかの形で怪我をしてしまい後遺障害が残ったケースでは労災で補償してもらえることもあるでしょう。

まずは医師の診断を待つことがとても重要になるのですが、重度の後遺障害が残ってしまうとその後、今までと同じように働くことができなくなってしまいます。
そういったケースでは会社や交通事故の加害者に対しどれだけが補償してもらうのか、十分な話し合いを持つ必要があります。
また、後遺症害が残ってしまったことによってやむを得ず転職などをしなければならないケースもあります。
これまでの生活と大きく変わってしまう事もたくさんあるため、まずはしっかりとした補償が受けられるように正確な診断を仰ぐ必要があります。
自覚症状があり、医師が正しい診断をしていないと思われるケースではセカンドオピニオンなどを見つけて徹底的に検査をした方が良いといえるでしょう。
長年にわたり悩まされてしまうことが多いので、ご家族の理解も必要になります。



■管理人特選サイト
交通事故で後遺症が残ってしまった場合に後遺障害認定などの手続きを代行してくれるサイトです > 交通事故 後遺症